皮膚に異常が現れたら|最近流行りの小型犬とは|ティーカッププードルの特徴を知ろう
ウーマン

最近流行りの小型犬とは|ティーカッププードルの特徴を知ろう

皮膚に異常が現れたら

猫

早めに動物病院へ

猫は全身が毛で覆われているため、皮膚病にかかっていても気付きにくいものです。猫が皮膚病にならないために、飼い主さんができることは、日頃から猫のお手入れや観察を欠かさないことです。猫が皮膚病になってしまう原因を紹介します。原因は、ノミやダニなど皮膚に付く寄生虫、食べ物やハウスダストなどのアレルギー、細菌やカビによるもの、ストレスなどです。また、老化や病気が原因の場合もあります。原因がどの場合であっても、動物病院へ行き獣医さんに診察してもらう必要があります。猫の皮膚病は、症状が重症化すると治療が長期間になってしまいます。そうなると、飼い主さんだけでなく、猫にも精神的に負担をかけてしまう恐れがあります。なので、皮膚病の症状を発見したら、早めに動物病院へ連れていきましょう。

清潔に保ちましょう

基本的に、猫が皮膚病にかかってしまうと、どのような症状が現れるのでしょうか。皮膚病にかかってしまうと、猫は痒がる行動をとったり、皮膚に赤みが出たり、カサブタができたりと皮膚に異常が現れます。抜け毛の季節ではないのに、毛が抜けて脱毛してしまったりもします。このような症状が現れた場合、皮膚病を疑う必要があります。皮膚病にならないようにするために、飼い主さんは予防を心がけるようにすることが大切になってきます。猫がいる周辺の環境を、掃除をして清潔に保つようにして下さい。また、週に1〜3回ほどブラッシングをするようにしましょう。ブラッシングをするときは、猫の皮膚を観察し、異常がないかチェックしてあげて下さい。